本文へスキップ

ヒーリングサロン・アンジェルークは
広島のヒプノセラピー・レイキ・エンジェルヒーリングサロンです

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.090-5222-1671

広島市安芸区矢野西4-49-21 ボーンニュー202

ヒプノセラピー・悲嘆療法(グリーフ・ケア)grief

死者(魂)との再会で遺された人の哀しみを癒します

悲嘆療法(グリーフケア)とは、死別や離別など物理的なコミュニケーションが取れなくなった存在(魂・スピリット)と催眠状態で対面したり、会話をすることで、悲嘆者(悲しみにくれている者)と被悲嘆者(コミュニケーションを取りたい存在)との間での相互理解を図り、心身を癒すセラピー法です。

通常のヒプノセラピー(催眠療法)では心の傷となっているクライアント自身の主にトラウマなど、原因や問題を癒すことで解決に導くことができます。

しかし、既にコミュニケーションが取れなくなっている相手との問題、関係性の中に原因があり、そのことでクライアントが悲嘆を感じている場合、それが叶いません。

すると悲嘆者の心の傷は癒されることのないまま、悲しみが続くことになります。

悲嘆は時間が解決してくれることもあります。
時間の経過とともに次第に悲しみが薄れていき、やがて意識しなくても元の生活に戻っていけるように回復することも稀ではありません。
実際に大多数の方々が悲しみを乗り越え、日々の生活を送っています。

しかし、何年経っても(人によっては数十年も)時間が解決できない悲嘆を抱え、苦しんでいる方もいらっしゃいます。
そのような場合は、心の傷が奥深く残ってしまっており、もはやただじっと時間の経過を待つばかりでは傷が癒えることがありません。

ヒプノセラピー(催眠療法)における悲嘆療法は、悲嘆者であるクライアントの心の中で生きている被悲嘆者の魂(スピリット)呼び寄せ対面させます。
双方のコミュニケーションを通じて、未解決のままとなっている悲嘆者の問題解決に導きます。

近年、生まれ変わりを信じる方が増加しており、10代後半〜40代の男女では約4割〜6割の方々が生まれ変わりを信じている、というデータがあります。

ということは、これらの世代の方々は生まれ変わりの思考概念に基づいた悩みや苦しみを持つということも十分に考えられるのです。
そのためには生まれ変わりの概念に基づいた、魂(スピリット)との対話といった、この療法が求められるのは当然の結果といえるでしょう。

古代ギリシャでも、遺族や遺された友人らが亡くなった故人と交流をしたとされる「サイコマンティウム」という療法の記録があるとされています。
その療法を臨死研究家らが現代風に作り上げ、さらには同様のことがヒプノセラピーでも行えることが最近になってわかるようになり、ヒプノセラピストの間でも次第に広まっていきました。

悲嘆療法では、クライアントが会いたい、コミュニケーションを取りたいと考える存在とコンタクトを取ることができます。
また、コミュニケーションをとりたい存在は人が限定ではありません。
亡くなった
ペットと対面したり対話することも可能です。

セッションを受ける前に注意していただきたいこと

悲嘆療法は生まれ変わり(魂の再生)の概念、観念に基づいたセッションです。
クライアントの信念体系によって、このセッションには向いていない方もいらっしゃる、ということをご了承ください。これは過去世(前世)退行催眠)と同じです。

また、過去世(前世)退行催眠と同様、クライアントの潜在意識がその時自身に必要だと判断し選択したイメージが現れるため、被悲嘆者とは別の存在
(時にはハイヤーセルフや違うスピリット)が現れるといったことが稀にあります。
しかし、自身の潜在意識から送られてきたメッセージには必ず意味があります。

その時には意味が不明でも後にわかる時がくることもありますので、別のスピリットが現れたとしても
無意味であることはありません。 

ごく稀に「本当に亡くなった○○さんの魂なのか、否か」などと検証するかのように悲嘆者にしかわからない事項を質問して、その答え合わせをしようとする方がいらっしゃいますが、そもそも悲嘆療法は
「遺された人の心の傷や悲しみを癒す」ことを目的とした、生きている方のためのセッション、セラピーです。

現れたものが被悲嘆者そのものの魂なのか、はたまた悲嘆者のイメージなのか、それは誰にもわかりません。
近い将来、それを物理的に証明することが可能になるかもしれませんが、今の科学や物理学ではできません。

しかし、生まれ変わりや魂(スピリット)は存在しない、という証明もできていないのも事実です。

それならば例え現れたものがイメージやクライアント自身の創造であったとしても、クライアントが心の傷を癒して前を向いて人生の歩みを進めることができるのならば、それはそれで良いのではないかと私は考えています。

実際にセッションを受けられて悲しみに暮れていた方々が、会いたかった愛する方との対面や対話を果たし、目には見えなくても、被悲嘆者の存在を身近に感じることができるようになった、と喜びの声をいただくことが多々あり、少なくとも悲嘆療法はそうした方々の力になれる有効なセラピーであると自負しています。

上記の事柄を充分に考慮し、ご自分の信念体系や概念、観念などに合致している、と判断された場合のみ、セッションをお申し込みください。

くれぐれも生まれ変わりやスピリッとの存在を非難したり、批判するためにセッションを受けられることはご遠慮ください。
また、上記の趣旨に反するご質問にはお応えしかねますので悪しからずご了承ください。

セッション料金

所要時間 : 40〜60分
    
あくまでも目安です。受ける方の症状により異なります。
人によっては1時間〜2時間近くの時間がかかる場合もあります。


初回のみカウンセリング料 
5,000円(税込)
 
※2回目以降はかかりません。

セッション1回につき
15,000円(税込)


当サロンは完全予約制です。
予約可能日などの確認、ご連絡方法などは ご予約・ご相談ページをご覧ください。

カウンセリング料について

当サロンでは当初、カウンセリング料はすべて無料とさせていただいておりましたが、
ヒプノセラピー(催眠療法)についてのみ、初回カウンセリング料をいただくことに致しました。

当サロンのヒプノセラピー(催眠療法)のセッションはセラピーとして行っているものであり、
悩みや苦しみを解消するためのものです。テレビなどで一般的に行われているショー催眠とは全く性質が異なり、
興味本位や冷やかしで受けていただくものではございません。

本気で変わりたい、良くなりたいと思われる方のみに受けていただきたいので、興味本位や冷やかしでの受施術を防ぐために、ヒプノセラピー(催眠療法)についてのみ、カウンセリング料をいただくことに致しましたので、ご了承ください。

ただしカウンセリング料をいただくのは
初回の1回のみで2回目以降からは無料です。

また、事前のメールや電話でのお問い合わせについては従来通り無料ですので、ご質問などありましたら遠慮なくお申し付け下さい。
無料セッションチェックも用意いたしておりますので、そちらもご利用ください。

h-line6.gif 488*5 
 悲嘆療法以外の他のヒプノセラピーメニューに興味がある方は、
 ヒプノセラピー(催眠療法)のページをご覧下さい。
 

shop info.店舗情報


ヒーリングサロン
アンジェルーク

〒736-0085
広島市安芸区矢野西4-49-21 ボーンニュー202

TEL
090-5222-1671

メール     angelukelife@yahoo.co.jp


→アクセス



サロン写真