催眠療法 〜幼児退行・胎児退行催眠〜


angel5.gif 35*35囚われている過去の記憶から解放されましょうangel5.gif 35*35
  


幼児退行・胎児退行催眠とは、

自分の子供の頃に時間を遡っていくセッション
です。

例えば
「おもちゃが欲しかったのに、買ってもらえなかった」
「父親にもっと遊んで欲しかった」
「体育の時間に、跳び箱が飛べなかった」
「友達とケンカして、仲直り出来なかった」
「先生に叱られた」

など、大人になっている自分には半ば【どうでもいい】と思われ、
記憶にすら残っていないような出来事も、潜在意識の中に
感情として残っています。

その感情が無意識のうちに現在の自分の考え方や行動に
影響を与えていることがあります。
足かせのように
囚われている要らない感情を解放してあげるのが、
幼児退行催眠です。

子供の頃からさらに時間を遡り、自分が生まれる前、
あるいは生まれる瞬間に
フォーカスするのが胎児退行催眠です。

幼児退行、胎児退行催眠は
自分でも忘れていた一定の時期に
焦点が当たるため、人によってはとても辛いことがあります。

例えば虐待されていた過去がある場合、などです。

そのため、
このセッションを受ける前に
インナーチャイルドのセッションを受けることを
強くお勧めいたします。

       
 b_cat3.gif 35*35インナーチャイルドのセッションへ
 

roseline7.gif 500*20     
                    


セッション料金

・所要時間 : 40〜60分
 
あくまでも目安です。受ける方の症状により異なります。

カウンセリング時間を含むと2時間〜3時間近くかかる場合もあります。


・初回のみカウンセリング料    5,000円(税込)
 ※2回目以降はかかりません。


・セッション1回につき       15,000円(税込)


 

〜カウンセリング料について〜


 当サロンでは当初、カウンセリング料はすべて
 無料とさせていただいておりましたが、
 催眠療法についてのみ、初回1回のみカウンセリング料を
 いただくことに致しました。


 当サロンの催眠療法のセッションはセラピーとして
 行っているものであり、
 悩みや苦しみを解消するためのものです。
 
 テレビなどで一般的に行われているショー催眠とは全く性質が異なり、
 興味本位や冷やかしで受けていただくものではございません。

 
本気で変わりたい、良くなりたいと思われる方のみに
 受けていただきたい
ので、
 興味本位や冷やかしでの受施術を防ぐために、
 催眠療法についてのみカウンセリング料を
 いただくことに致しましたので、ご了承ください。

 ただし、カウンセリング料をいただくのは初回の1回のみで、
 2回目以降からは無料です。

 また、事前のメールや電話でのお問い合わせについては
 従来通り無料ですので、
 ご質問などありましたら遠慮なくお申し付け下さい。
 無料セッションチェックも用意いたしておりますので、
 こちらもご利用ください。
       
roseline7.gif 500*20 
         
 p_cat7.gif 35*35ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ
 
 
roseline7.gif 500*20 
 
         
 b_cat3.gif 35*35無料セッションチェック申込 

roseline7.gif 500*20   


〜退行催眠を受ける際のご注意〜


催眠誘導率ほぼ100%のエリクソン催眠ですが、ごくまれに
「かからない」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

私たちセラピストは受ける方が催眠状態になっているか否か
つねに確認しながら
セッションを行っていますので、そのようなことはありえないわけです。

では、いったいどうしてそうなってしまうのでしょう?

それは潜在意識に深く関わっています。

潜在意識は自己防衛機能のはたらきをしています。
 
例えば、退行催眠を受けて顕在意識下(普通の状態の意識)では
忘れている(つもり)の、過去の辛い記憶がよみがえった時
現在の自分の精神的度量(心の許容範囲・キャパシティ)に
余裕がないとその記憶を受け止められなくなり
今よりももっと自分が苦しむ
ことになります。

潜在意識はそのことをちゃんとわかっていますから、
催眠状態になって記憶がよみがえることを全力で阻止しようとします。

つまり、自分で自分自身をガードして守るのです。

そのような場合はいくら誘導しても自分から強引に
覚醒してくることもあります。
これを私達ヒプノセラピストは
「潜在意識のブロック」と呼んでいます。

潜在意識のブロックにあった状態が皆さんが
『かからない』とおっしゃる状態なのです。

こうなると無理やりセッションすることは避けます。

どうしても退行催眠を希望する場合は、退行催眠ではない、
他のアプローチで心を癒しながら徐々に核心にせまっていく、
というやり方か日を改めて受けて頂くしかありません。
(時間が経過すると出来る場合もありますが、数週間、数ヶ月のレベルです)

 
ヒプノセラピストの立場からアドバイスさせていただくとしたら、
インナーチャイルドのセッションを先に受けていただいて
現在のご自分の心の傷や問題を解消してから退行催眠を受けられると
意外にあっさりうまくいくことが多いです。
それは、問題の解消法が過去にあると思っていても
実は現在のご自分の心の傷に原因があることが多いからです。

それほど退行催眠はデリケートなセッションですので、
軽い気持ちや興味本位ではなく、慎重に受けていただきたいと
考えております。

またそういった理由から、初めて退行催眠を希望される方は
事前にインナーチャイルドのセッションを受けていただくことを
強くお勧めしています。

      
 b_cat7.gif 35*35インナーチャイルドセッションへ
 


〜催眠状態について〜


 催眠状態になることを一般的に【催眠にかかる】といいます。
 
 中には【見える】と表現する方もいらっしゃいます。
 初めて催眠を受けられる方は、催眠状態になると、
 どのようになるのかイメージしにくいと思いますが、
 普通に目を開けているときに見える映像や
 景色のようにはっきりと見えるわけではありません。
 
 催眠でいう【見え方】は多少の個人差がありますが、
 多くの方はイメージ映像のように見えるようです。
 
 例えば「幼少の頃、仲の良かった友達と
 遊んでいるところを思い出してください」

 と言うと、その場面がイメージ映像として頭に浮かぶと思います。
 
 その頭に浮かんだ状態が催眠でいう
 【見ている、見えている】状態
です。
 目で見ているわけではないので、はっきりとは見えませんが、
 でも間違いなく【見えて】いるのです。
 
 
中には友達の笑い声が聞こえたり、
 遊んでいた原っぱに咲いていた花のにおいや
 草のにおいを感じる方もいらっしゃいます。
 また、風を感じたり、友達とつないだ手の感触が
 よみがえる方もいらっしゃいます。

 それらは皆、催眠でいう【見えている】状態です。

 もうおわかりですね。

 催眠では視覚・聴覚・嗅覚・触覚・身体感覚で感じること
 すべてが【見えている】

 ことであって、決して
 視覚で見えているだけがすべてではないのですね。

 初めて催眠を体験する方にはそのことを事前に説明していますが、
 映像がはっきりと見えないからといって
 催眠にかかっていない、というわけではありませんから、
 焦らないで下さい。

 私たちプロのセラピストは受ける方が催眠にかかってるか、
 それとも、まだ
 かかっていないのか、常に状態を確認しながら
 催眠誘導を行っておりますので、
 どうか安心してください。

 今まで私の誘導で催眠状態になれなかった方は
 一人もいらっしゃいません。

 それほど私は催眠誘導については自信と誇りをもって
 施術を行っております。


 催眠誘導率ほぼ100%のエリクソン催眠を、
 どうぞ安心して受けてください。


roseline7.gif 500*20 

※この他にもセッションを受けられた方の体験談や症状の解消の経過などを
 ブログに掲載(許可をいただいた方のみ))していますので、
 こちらも参考になさってください。puni_p16.gif 25*20 u-diary.gif 88*26


roseline7.gif 500*20 

            
    p_cat7.gif 35*35ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ   




roseline7.gif 500*20 



       
  
  p_cat7.gif 35*35 催眠療法 幼児・胎児退行催眠のページTOPに戻る


roseline7.gif 500*20



      p_cat7.gif 35*35ヒーリングサロン アンジェルークのHOMEに戻る


roseline7.gif 500*20 



 
トップページ ●催眠療法 ●思考変換セラピー ●レイキ ●クンダリーニレイキハーモニーベル 

エンジェルヒーリング ●コアビリーフチェンジ ●スペースタイムトラベル ●セミナー ●アクセス サイトマップリンク